月別アーカイブ: 2011年6月

惚れ薬レビュー

まず、この惚れ薬、何が書いてあるのか。
それは、「ウソ」ばっかりなんだ。

もちろん、書いてあることがウソだというんじゃない。
ウソの付き方を教えてくれるマニュアル。

惚れせさると、ウソは密着した関係がある。

だって、元々もてている男なら、ウソなんて必要がないが、
昔の僕や村上さんの様に普通の男が、いい女にモテようと思ったら、
ウソがないと話にならない。

ただし、あなたが知っているような生半可なウソは百害あって一理なし。
徹底したウソのコントロールが惚れ薬になるって話なんだ。

このマニュアルを通して、語られるのが、
○○○○扱いって、考え方。

○○○○の中に入る言葉がこの惚れ薬の答えの多くを含むから伏せ文字に
させてね。
ただ、○の中にはひらがなで1つづつ入る。
つまり、答えは、4つのひらがなだってこと。

あなたが僕のレビューを良く読むと、見えてくるはず。

いい女を見ると、
「この女とセックスしてぇ~」
と男なら思ってしまうよね。

これがモテない理由。
セックスというのは、女から男に与えられるもの。
だから、「この女とセックスしてぇ~」と思った時点で、
彼女のコントロール下に入ってしまう。

それでは、セックスはできない。

まずは、ウソでもいいから、彼女を○○○○扱いすること。
もちろん、単に「○○○○扱いするんだ」と心に言い聞かせてもダメ。
そう思うと思うだけ潜在意識では逆に進む。

つまり、「すっげぇセックスしてえ」になる。
これは、「~しなきゃ」と思った時点でしたくなくなると同じ。
しちゃダメと言われると、したくなる。
それが潜在意識。

まずは、あなたの潜在意識に理解できるように○○○○扱いの
感情を落とし込みことが必要になる。

そのためにどんな行動をとったらいいか説明が事細かく書いてある。

その人を紹介しよう。

いい女に出会ったとき。
いきなり、こう言うこと。

「髪切ったの?」

予想外の質問をされると、彼女の精神はアンバランスになる。
そのアンバランスになったことを使って、次の手をうつ。

そこから先、イイ女が都合のいい女になっていく過程が怖いくらい
リアルに書いてある。

はっきり言って下手なホラー小説なんかより怖いよ。
最初は、ありえないと思っていた「いい女が都合のいい女」に代わるって
ことが、だんだんとあるうるのかなに代わり、最後は、
「これができるなら、誰でも落ちないはずが無い」と確信してしまう。

それも、いい男じゃなくて、たぶん、いい人って言われていた男がね。

例えば、気になる同僚をランチに誘うことさえできれば、
ひとりの男として意識するスイッチを入れる方法が書いてある。

「○○さんって、会社ではそんな・・・・・」

さすがに、このセリフをバラすワケにはいかないけど、
たった一言。この一言だけで、彼女はあなたをひとりの男として意識しはじめる。
あとは、その意識を「どうにでもして」と感じるくらいまでに拡大させるだけ。

簡単だよね。

そのための方法は実にいろんなパターンを書いてある。

僕の無料レポートを含めて、普通のノウハウっていうのは、
ひとつのラインしか示していない。
ま、無料のものは、そのくらいでいいだろうと、
僕も考えているんだけど、有料のものでそんなのがあると、
がっくり来る。

惚れ薬にはそんな心配はない。
いろんなパターンが書いてあるから、
あなたの状況や性格に合ったものを使えばいい。

ただし、たったひとつ共通の考え方、○○○○扱いをすればいい。

例えば、僕も女性に良くアドバイスすることと同じことが書いてあった。
それは、恋人のことだけで頭の中を一杯にしないこと。

僕は「この女は尽くす系だな」と思うと、こんなアドバイスをする。

尽くす系の女って、決まって同じ言葉でふらてれしまう。

「おまえって重いんだよ」

とにかく、あなたのために・・・って行動しかしない。
最初はそれが嬉しかったけど、そのうちうっとおしくなる。
それが男なんだ。

だから、僕は親友を作れとそういう女性にはアドバイスする。
そして、親友との約束は彼の約束と同レベルってルールを持たせる。

すると、たまたま親友と約束がある日に、彼氏からのデートの誘いがあると、
デートを断らないといけない。
その時は、辛いけど、それが彼の気持ちを引きとめ続けるルールだと、
理解させて、必ず守らせる。

要は、完全に自分の思い通りになると思ったら、男は興味をなくすんだ。
おっと、これは男に限らず、女も一緒だ。

そうならための行動指針がしっかりと書いてある。

それができるようになると、女友達だってセックスができるようになる。

はっきり言って、この惚れ薬。
恋人だって、結婚相手だって作り出せるノウハウでもある。

ただし、そこについてはわざと割愛している部分がある。

その代わり、書いてあることが『都合のいい女』をつくる方法。

「付き合って」とすら言わずに、電話一本でホテルに直行。
言い方が悪いが、やるだけの女。

そんな女をいとも簡単に量産する方法だ。

こんなことを書くと誤解されそうだから、
しっかりと書こう。

都合のいい女を作るには、手間がかかる。
別に時間とかお金とか魅力とか。
そういうものはいらない。

ただ、イイ女がいきなり都合のいい女になることはない。
あるのは、ひとつひとつ、小さなハードルを飛ばせ続けること。

それを確実に実行すると、
女は知らず知らずのうちに都合のいい女になってしまう。

「本気で好きって分かるまではセックスなんて無理」
って言っていた女が、小さなハードルを飛ばすと。

「付き合ってなんて言わないから、会いたいの」
なんて、殊勝なことを言い始めてしまう。

あとはやりたい放題。

他の女を作っても大丈夫。

「本当は私のことを一番思ってくれているはず」
なんて、それこそ都合がいい思い込みをしてくれる。

物分りがいい女になろうと努力してしまう。

あなたは、イイ女の都合のいい女がどんどんと増えてしまう。

それに必要な小さなステップが本当にこれでもかってくらい書いてある。

例えば、キス。
キスをいきなりしたら、拒否されちゃう。
でも、彼女の身体でチェックする方法がある。

そのチェックをしてからキスをすれば、
彼女が望むときにキスをすることができる。

これで、小さなハードルを簡単に越えられる。

こんなハードルが一杯あるから、普通の男だと、
女を制御できなくなるんだ。

ただし、ハードルのありかと、その越え方をこと細かく教えてもらえば、
そんなに難しくなく超えられる。

そんなことをする男はほとんどいないから、
どんなにいい女でも、はまってしまう。

それが惚れ薬の正体なんだ。

さてさて。

今日は惚れ薬のレビューを書いてみた。

ただし、この惚れ薬。
読み方によって全く違う側面がある。

今回は、一番の主流の流れの読み方をして紹介してみた。

もっと別の読み方もできるから、次回は別の読み方で紹介してみよう。

◇6月末、おしまれつつも、配布終了

⇒ 女性の本能が無視できない男とは…

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

キスとセックス

男って、セックスの一番メインは挿入することだと思っているよね。

それは・・・実は正しい。

やっぱり、挿入してこそのセックス。
バコバコしてこそセックス。

なんて、それは間違ってはいないけど、
もっと快感を得る方法もあるんだ。

それがキス。

挿入した後だって、キスをすると女の子は感度がアップするんだ。

バコバコだけしているより、
ちゅっ、ちゅっしながら、ピストン運動。

なんでかっていうと、まずキスしていると、気持ちが循環している
感じがするんだよね。

挿入しているときって、精気を女性に送り込んでいる感じってしない?
でも、ただ、送り込んでいるだけ。

それが挿入しながら、キスをすると、送り込んだ精気がキスをしている
口から戻ってくる。

いやぁ、単なるイメージなんだけど、本当にそんな気がするんだ。

もし、あなたが早漏だったりしたなら、挿入しながらキスをすると、
早漏対策にもなっちゃう。
ただ、精気を送り込んでいるだけだから、
単純に男のテンションだけが上がってくる。
あっという間に終わってしまう。

ところがキスもしていると、精気が返ってくるから、
なんだから、パワーが充填してくる感じがする。
一気にテンションが上がるんじゃなくて、
彼女のテンションょを感じながら、
自分のテンションも上がってくる。

ふたりの身体と心の一体感が感じられるんだ。

だから、早漏も収まってしまう。
ただ、逆に遅漏にはなってしまうかもね。

だって、精気が循環するから、いくらでも気持ちいい状態が続いちゃう。
終わりがないセックスになっちゃう。

1時間くらい平気で挿入しつづけることになってしまう。
一時間もパコバコだけしていたら、疲れちゃうよね。

キスしながらなら、大丈夫。

で。
そんな精気循環をするキス付きセックスをすると、
彼女はあなたのセックスから離れられなくなるよ。

間違いない!

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

いい女と恋人になる

「あなたは、どんな女性だったら、恋人にしたいと思いますか?」

どんな女でもいい、という男はいないはずだ。
男に生まれた以上、街を一緒に歩けば通り過ぎた奴が振り返る。
そんな女を恋人にしたいと思うに違いない。

「そんな女は無理。性格がいい女ならいい」

なんて言う男は知らない。男として生まれた以上、いい女と恋人になる。
そう決めている男だけに続きの話をしよう。

いい女が一杯集まっていて、それも、簡単に話しができる場所がある。
それは、キャバクラだ。

おっと、がっくりさせてしまったかな。
しかし、キャバ嬢はいい女が多いのは事実。
そして18歳を筆頭に若い女がごろごろしている。

キャバクラでいい女の恋人を作るが一番効率いいと思わないか。

ただし、ひとつだけ条件がある。
それは、キャバクラが会話を楽しむところだとか、
擬似恋愛を楽しむ場所だとかいう考えは捨てること。

キャバクラにいく目的はひとつ。
いい女をゲットすること。
これさえ分かれば、あとはキャバ嬢ゲットのやりかたを知るだけだ。

ちなみに、私には学生の頃から仲のいい男がいる。
ヤツもキャバ嬢に恋をしてしまったひとりだ。
それも、お店のNo.1キャバ嬢だったらしい。
そのキャバ嬢をゲットしようと、シャネルやヴィトン、グッチをプレゼントしまくる。
使ったお金はなんと130万円。そして、ついに彼女に告白した。

「お店の外でのお付き合いはちょっと・・・でも、お店はいつでも来てね」

こう言われてショックのあまり立ち上がれなかったそうだ!
かわいそうだと思わないか?
自業自得・・・まぁ、そう言えばそうだ。
しかし、長い付き合いの男だから、ちょっとやりかたを教えた。
キャバ嬢だからこそ落とせるポイントを、少しだけな。
それを実践した彼、その後2万円を使うだけで、彼女とホテルへ。
そう、No.1キャバ嬢ゲットを簡単にゲットした。

キャバ嬢というのは、実に似たような思考パターンに陥る。
男をお客さんだと思っているからこそ、スキがある。
そのスキをついてしまえば、あとはあなたのやりたい放題だ。

キャバ嬢ゲットしたら、あなたの忠実なシモベに変わる。

例えば、一番簡単な方法を説明しよう。
指名の仕方ひとつで、キャバ嬢にアドバンテージを得る方法がある。

それを知らずに、好みの女を写真指名したり、たまたま付いた女を
指名延長するから、「いいお客さん」になってしまうのだ。

ほとんどのキャバクラは、フリーで入ると、何人かのキャバ嬢が順番に付く。
あせる必要はない。
もしかしたら、今ついているキャバ嬢よりいい女が次につくかもしれないのだ。

フリーの時間は、順番についてくるキャバ嬢とちょっとした話をしてみればいい。
指名なんてする必要はない。
そして、「そろそろ、お時間なんですが・・・」と、黒服が言ってきたら、
すかさず言うこと。

「2番目についた、亜樹ちゃん、指名できるかな?」

これで、その指名したキャバ嬢に対するアドバンテージを確保できた。
一度、指名してもらえないとあきらめた後だからこそ、指名の威力が発揮するんだ。

もちろん、こんなちょっとしたテクニックでキャバ嬢が落ちるなんて言うつもりはない。
最初にアドバンテージがあるから、そこからキャバ嬢の心を崩していく。

キャバ嬢ゲットのやりかたは確実だ。

キャバ嬢ゲットの方法を知りたいなら、このレポートを読んでくれ。

⇒ キャバ嬢攻略法

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

甘い囁きで感度アップ

「どや、ええか?感じるか?」

もしかして、エッチの最中に言葉を発するのは、
こんな質問だったりしないかな。

「おらおら、感じるやろ」

しきりと彼女に感じるか聞く。
そんなことをしても、彼女は感じたりしない。

かえってしらけてしまうものなんだ。

感じさせたいなら、同じ言葉でも別の言葉を言おう。

それは、甘い言葉。
まず、基本はこれ。

「好きだ」

もし、普段は好きだって言わない男でも、
ベットの中では言うのは抵抗がないはず。

ベット中と外では世界が違うんだから。

「好きだ」と連発してしまいましょう。

すると。
彼女は喜んでくれるはず。

そして、彼女も囁く。

「私も好き」ってね。

こんな甘い言葉のやり取りが確実に女性の心をとろけさせ、
そして、身体もトロトロにする。

女性って、身体と心両方からせめると、
あっと言う間に感度が良くなっていく。

だから、「好き」って言葉は、必ず言おう。

もちろん、「好き」だけじゃなくたっていい。

もっといいのは、「愛している」って言葉。
この言葉を言うと、彼女は幸せそうな顔をするはず。

身体を密着させて、耳元でそっと囁く。

「あ・い・し・て・る」

やってみよう。
きっと、どんなセックスの技巧より効果あるはず。

それまで、感じていないと思っていても、
「好き」と「愛している」の言葉を使うと、
間違いなく感じが変わる。

彼女は安心して、快感の波に飲み込まれていく。

「あ、あぁぁぁあぁぁぁ」
って声と共にね。

もし、初めて身体を合わせたなら、
こんな言葉もお勧め。

「すっと、○○さんとは、ひとつになりたかったんだ」

ホンネを言ってしまおう。
きっと彼女は言ってくれる。

「嬉しいぃぃぃ」

身体だけじゃなくて心も一体感が感じられるはずだ。

そして。

「きれいだ」

こんな言葉でホメよう。
愛撫している場所をひとつひとつ言うんだ。

「きれいなおっぱいだね」

「きれいな鎖骨だね」

「きれいな指先だね」

「かわいい声、だね」

とにかく、みんなホメてしまおう。

さらに、言ってみよう。

「ずっと、一緒にいよう」

彼女の感度は最高潮に達する直前にね。

きっと、最高潮のゲージがひとつ上がるから。

ベットの中では、とにかく甘い言葉がよく効く。

彼女を喜ばす言葉のかけかた、いろいろ試してみよう。

ってね。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

自然な会話でホテルにお持ち帰り!

昨日までは、憧れの先輩だった。
明日からはセフレになっちゃった。

本当にすごいことなんだ。
だって、先輩は、奥菜恵に似ている美人で仕事もできる人。
そんな彼女とセフレになってしまうなんて・・・

でも、それには理由がひとつだけある。
僕が臆病だってこと。
臆病だから、同じ職場の憧れの先輩をセフレにできた。
きっかけは、ウーロン茶。

「ついでにウーロン茶、買ってきてくれる?」
この一言がセフレへの第一歩だったんだ。
あとは、あれよあれというように、彼女は僕に好意を抱いてしまった。

自然と「抱いて欲しいの・・・」と思ってもらう。
そうなるように、ひとつひとつ行動しただけなんだ。

僕のふだんとそれほど違わない行動、
まったく不自然さがない行動が実は、
彼女が僕に恋してしまう状況をしっかりと作ってくれる。
最後はラブホで、いままで見たことが無い妖艶な彼女の顔が見れる。

セックスに持ち込むパターンを着実に実行するだけ。

僕が自信があるのは、臆病なこと。
もし、変な気持ちを持っていることが彼女にばれて、
仕事場での対応がおかしくなってもらっては困る。
そんなことを考えてしまう臆病者だから、
普通の会話だけでセックスに持ち込みたい。

その結果、
あっと言う間にホテルに行って、
その後はセフレになってしまう。

オートマティック・セフレっていうのは、
女の子が抱かれてもいいかも、
と思うシチュエーションを作り出す脚本。
女の子って、ドキドキしたいと思っているんだよね。
だから、彼女にドキドキが起きる脚本とおりの行動をしてもらう。
あなたは、脚本では、脇役として参加する。
最初はね・・・
そして、最後は主役の彼女の相手役になってしまう。

そんなことが自動的に起きるから、オートマティック・セフレ。

すっごく期待している恋愛マニュアルなんだ。

だって、ちょっと出てくるウーロン茶の話。
あれはとんでもない暗示手法なんだ。

ラベル手法っていう暗示法は僕も知ってはいた。

どんな暗示なのかというと、その人にラベルを貼ってしまうと、
そのラベルに従って、人は動いてしまうって方法。

僕が読んだカウンセラーさんの本には、不眠症の女性の話として出てきた。

ある女性がこんな相談をしてきた。

「不眠症になってしまって、眠れないです。
となりに主人も寝ているから、寝られなくて困っています」

まぁ、ありがちな相談なんだけど、そのカウンセラーの答えはこう。

「あなたが寝られないとご主人の眠りが浅くなって、
仕事に影響していると思われます。
そこで、寝られないのは仕方ないですが、
ご主人には寝ていると思わせてください」

そう言って、寝たふりをするように指導した。
その結果、彼女の不眠症はどうなったかというと。
完治してしまうんだ。
元々、彼女が寝られなかったのは、
不眠症というラベルを自分で貼っていただけ。

「不眠症だから眠れないです」
と、自分に自分で暗示を掛けていた。
それを、寝たふりという指導ではがしたら、簡単に不眠症ではなくなる。

ラベルってそういう効果があるんだ。

人というのは、自分が貼ったラベルにしろ、
人が貼ったラベルにしろ、そのラベルに当てはまるように行動してしまうもの。

事件を起こす子供に多いのが、優等生っていうラベル。
優等生という行動をするために、自分の思ったとおりにできない。
だからストレスがたまって、それが爆発して事件を起こしてしまう。

ラベル効果って怖いものなんだ。

ただ、僕はラベル効果を知っているし、その効果を信じてはいた。
でも、それを恋愛につなげる方法が見つからなかった。
それをやったのが、平井さん。

なんと、ウーロン茶を使って女の子にラベルを貼って、
そのラベル効果で別のラベル、「この人に恋しているかも」って
ラベルまで貼っちゃう。

ヤバクない?この方法。

⇒ 自然な会話でホテルにお持ち帰り!

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

カクテルバーでお持ち帰り暗示(4)

カクテルバーでお持ち帰り。

昨日は、暗示の入れ方を説明した。
今日は暗示の発動方法をだね。

実は暗示発動は簡単なんだ。

まず、やらないといけないのは、
3人で話す体制を終わりにすること。

たぶん、いいかげんシャンパンとかをいい調子で飲んでいた彼女は、
そろそろ限界一歩手前って感じになっているはず。

すかさず、バーテンさんに言おう。

「そろそろ、終わりにしましょう」

たぶん、彼女は抵抗するはず。
でも、ここは有無を言わさず終わりにする方法がある。

バーテンさんを味方につける。

「○○さん、そろそろ限界でしょ。ね、バーテンさんもそう思わない?」

先ほどまでの冗談半分って顔から、急に真面目な顔になって言う。
すると、バーテンさんも、こっちの肩をもつ。

「まだ、飲むの!」

なんて、言っている彼女を「まぁまぁ」とやってくれる。
そのスキに、別の店員さんに言って会計してもらう。
ついでに、タクシーも呼んでもらおう。

なぜ、こんなことをするのかというと。
彼女がハイテンションな状態、つまりトランス状態で、
外に連れ出すため。
それまでハイテンションだったのが、急に場所が変わると、
とまどう状況になる。

で、タクシーに最初に彼女を乗せる。

「どこいくのよ」
なんて、抵抗するかもしれないけど、
とにかく乗せちゃおう。

で、あなたも乗って、言うんだ。

「もちろん、あなたをお持ち帰りするんだ」
真面目な顔でね。

これだと、拒否できないんでよね。
暗示が入っちゃっているから。

「ホテル街の方お願いします」

なんてタクシーの運ちゃんに言えばオッケー。

タクシーの中では、おとなしくなるもんなんだ。
思いっきり、いちゃいちゃしよう。

別のテンションを上げるためにね。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

カクテルバーでお持ち帰り暗示(3)

昨日までのやり方で、暗示の入りやすいトランス状態ってのに
彼女はなっている。

そのために、バーテンさんも含めて、3人でそれぞれお約束って
感じの会話をしてみた。
この方法、3人だから、2人のボケ・ツッコミより簡単で
何度も続けられるから、トランス状態に入りやすいんだ。

で。

いよいよ、暗示に入る。

と言っても、やることは簡単。
要はして欲しいことを一杯言う。

「眠くなぁ~る、眠くなぁ~る」

催眠術だと、必ずこんな言葉を何度も言うよね。
あれも暗示。

彼女をどうしたいのか。
言葉にすればいい。

ただ、あんまり難しい言葉だと暗示するのが
難しいから、簡単な言葉の方がいい。

今回は、「お持ち帰り」って言葉にしよう。

3人で話しているパターンの中にお持ち帰りって
言葉を一杯いれる。

それだけで、「お持ち帰り」暗示が完成しちゃう。

それも、暗示の都合のいいのは、
別に「こうしたくなる」なんて言わないでいいこと。

だってさ。
「お持ち帰りされたくなぁ~る」
なんて言っても、「ヤダ」って言われちゃうよね。

ここが催眠士との恋愛のときの暗示の違い。
彼女は暗示されたいと思っていない。
それでも、暗示をしちゃおうってワケ。

あ、どうやるか、の前に暗示の基本的な原理を説明しとかなきゃ。

暗示って、深層心理にひとつの言葉を一杯投げ込むってこと。

どんなに考えている部分、つまり、表層心理で考えても、
深層心理で逆のことを感じていると、深層心理が勝つって方法。

たとえば、子供の頃の夏休みの宿題計画。

夏休みが始まる前は、毎日これくらいやると、ちゃんと終わるって
計画をちゃんと立てる。
ちゃんとその計画通りやるつもりだった。

それなのに、夏休みが終わったら宿題か゜半分以上残っている。

そんなことがおきたりする。
それは、表層心理がいくら計画を立てても、
深層心理では宿題なんてしたくないって言っているから。

それと同じで、表層心理で「お持ち帰りなんてダメ」って思っていても、
真相心理が「お持ち帰りオーケー」と思ってもらえばいい。

そのためには、「お持ち帰り」って言葉をとにかく一杯言って、
深層心理まで投げ込んでしまうこと。

都合がいいことに、深層心理は否定形は理解できないんだな。
否定形は肯定形として理解しちゃう。

夜遅く試験勉強をしているとき。
「寝ちゃダメだ、寝ちゃダメだ」
と呪文のように唱えるとね。

深層心理は否定形が理解できないから。
「寝ちゃえ、寝ちゃえ」
と呪文を唱えているのと同じになっちゃう。

すっかりぐっすり寝て、気が付いたら朝、なんて経験ないかな。

それは、深層心理が否定形が理解できないから。

これは、もちろん、お持ち帰りでも使える。

「今日ね、本当は、このきれいな方をお持ち帰りしたいんだ。
でもね、お持ち帰りできないと思うんだ。どうかな?」

なんてバーテンさんに言うんだ。

「こんなことを言っていますがどうですか?」
なんて、バーテンさんが彼女に聞くと、
「もちろん、お持ち帰りなんてさせません!」
なんて、きっぱり言われてしまう。

「えぇっ、お持ち帰りできないの?
もしかしたら、お持ち帰りできるかも・・・って思ってたのに。
ちょっとくらいは、お持ち帰りさせてもいいかなって無いの?」

「まったくありません!」

こんな具合に、お持ち帰りはありえない。
って話を延々すればいいんだ。

お持ち帰りはダメって、言われたら、「しゅん」としよう。
すると、彼女「ダメ」って言うのが気持ちよくなる。

だって、何度でもお持ち帰りしていい?って聞けるように
するには、聞かれたら彼女が楽しくなるパターンにしとけばいい。

ずっとお持ち帰りの話ばかりってワケにもいかないから、
別の話もする。
で、ある程度話をしたところでまた聞いてみる。

「そろそろ、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、
お持ち帰りもいいかな、って思わない?」

「ぜーんぜーん無し!」

「がっくし」

なんて具合に何度もチャレンジでダメ出しをもらうんだ。

すると、どんどんと深層心理にお持ち帰りって言葉が
たまっていく。

これだったら、会話の中に「お持ち帰り」入れ込むの簡単だよね。

さて、そんなことをして、「お持ち帰り」の暗示が完成した。

いよいよ、お持ち帰り実行をしよう。

その話は、また、明日ね。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

カクテルバーでお持ち帰り暗示(2)

昨日は、お笑いさんが使っている暗示の話をしたよね。

今日は、それを応用した、実際に僕がやっていること。

本当は、何も考えないで面白いからやっていた方法なんだけどね。
暗示の勉強をしていたら、
「あ、似たようなことやっているなぁ」と分かってしまったんだ。

その話をしよう。

まず、場所はカクテルバー。

僕と、女性が並んで座っていて、バーテンさんがいる。

この3人で会話するんだ。
どんな会話をするかっていうと。

彼女が困るような話をバーテンさんにする。

困ると言っても、大したことじゃない。
勝手に僕が大げさに言って、彼女が対応しづらくなればいい。

例えば、こんな感じ。

「ね、バーテンさん。ちょっと聞いて。
この方、すっごく素敵は人でしょう?
本当にすっごく素敵な人なの・・・でも、僕には冷たいんだ。
何度も誘っていたのに、全然オッケーくれない。
メールだって、ときどきしか送ってくれないんだ。
冷たいでしょう?信じられないよね」

こんな感じ。
実際は、冷たいんじゃなくて、都合がつかなかったとか、
メールはこっちも送っていないとか。
そのあたりちゃんと分かった上で、大げさに冷たい女性って主張する。

そうすると、バーテンさんって、だいたい同じ反応をする。
最初は、「本当なんですか?」みたいなことを彼女に聞いているんだけど、
そのうち、彼女とバーテンさんが仲良くなってしまう。
元々、わざと困られるようなことを言っているのは僕だから
仕方ないことなんだけどね。

で、すかさず、こんなことも言う。

「あ、バーテンさん騙されちゃダメだよ。
○○さんって、すぐひとを丸めこんじゃうんだから。
気をつけてね」

「そんなことないですよね」

なんて、フォローを大体、バーテンさんは入れる。

この繰り返しで、いじめっこのふりをして3人で話す。

普通なら、僕と彼女が仲良くて、バーテンさんがちょっと会話に参加する、
って形になるはずなのに、バーテンさんと彼女が仲良く話して、
僕がいじめってこで、いじけたりして・・・。

これを繰り返していると、完全に会話がパターン化する。
僕が勝手なことを言って、バーテンさんがフォローするってパターン。

こうなると、暗示が簡単にできる環境が揃うんだ。

「こんな女性には、飲み物は水でいいよね。
ふんぱつして、ミネラルウォーター出してあげて」

こんなことを言うと、彼女が文句を言ってくる。
すかさずこんなことも言う。

「ぜったい高いお酒なんて飲ましちゃダメだからね。
シャンパンみたいなの、それもボトルで、なんて絶対ダメだからね」

もちろん、本当はシャンパン飲みなって暗示。

バーテンさんのフォローが入るから、当然シャンパンのボトルがあく。

シャンパンって口当たりはいいけど、酔うんだよね。
ワインと同じだけアルコール入っているしね。

それも、このいじめっこゲームをしていると、
彼女のテンション上がりまくり。
お酒のピッチも上がっちゃう。

「ダメだって、お酒飲ませちゃ・・・もっと勝手な女性になっちゃうよ」

なんて言うたびに「お代り」って、シャンパンがどんどん減ってく。

お酒の力も借りて、完全なトランス状態。
つまり、暗示が掛かりやすい状態になるんだ。

ここで、お持ち帰りの呪文をはくと・・・。

えっ?どんな呪文だって?

それは、明日に続く。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

カクテルバーでお持ち帰り暗示(1)

今日は、カクテルバーで僕が使っている暗示の話。

かわいい女の子とふたりで、カクテルバーで飲んでいる。

もっとも、カクテルバーじゃなくてもいい。
カウンターがあって、カウンターの向こうにバーテンさんがいる。

そんなお店ならオッケー。

そこで、僕が知らず知らずのうちに暗示を使っていたんだ。

どんな暗示なのかを説明する前に、
お笑いさんの暗示の話をしよう。

最近、お笑いさんと美女が付き合っているとか、
結婚したとか、そんな話を多いよね。

なんで、お笑いさんがそんなに美女をゲットできるのか。

不思議に思ったことはないかな。
どうも、暗示を使えるから・・・みたい。

もちろん、本人たちは暗示だって気づいていない。

もともとさ。
お笑いさんって、観客笑わすために、暗示を使っている。

一番判りやすいのが、ボケ、ツッコミ。

片方がしょーもないボケを言って、相方がツッコム。
漫才とかの王道だよね。

ボケる前って、それぞれのお笑いさん特有の前振りするよね。

その前振りが暗示の前兆なんだ。

「これから面白いことを言うぞ」

そんな暗示をしている。
だから、仮にちょっとくらいつまらないボケでも、笑えてしまう。

それも、ツッコミが入るから、「ここで笑え」って暗示もある。

有名なお笑いさんなら、見ているだけで、ちゃんと笑うタイミングがわかる。

でも、駆け出しのお笑いさんだと、このあたりがいまいち。
ちょっとしたズレで笑えなくなってしまう。

暗示のかけ方が下手なんだ。

このあたりは、お笑いさんに限らず、関西人ならうまいんだよね。

「ボケ、ツッコミは基本」

「笑かして、ナンボ」

なんて考え方をしているからね。
関東人の僕としては、うらやましいポイントなんだ。

このボケ・ツッコミがもっと進むと、パターンになる。

オリラジの武勇伝とか、レギュラーのあるある探検隊とか。

えっ?ネタが古いって?

僕って、あんまりお笑いみないから、そのあたりは勘弁してね。
言いたいことはわかるよね。

いつも、同じ形でボケが入る。
その上、メロディーも入るから、暗示が入りやすい状態になる。

だから、人気が出たそういうのを持っているお笑いさんは強い。

暗示って、基本的には、ふたつのパートに分かれるんだ。

まずは、暗示が入りやすいようにする準備。
それから暗示。

ボケる前の前振りっていうのが、暗示準備。
ボケるのは、暗示とは関係なく、笑わせるネタ。
ツッコミが、暗示の本体・・・面白いから笑いなさいって暗示ね。

これが確実にできていて、多くの人を同時に笑わせることができる
お笑いの人が、本気でひとりの女性に暗示をかけようと思ったら、
簡単にかけられる。

まずは、笑わして、楽しい気分にする。
これはもちろんお手の物。
これが暗示準備。

その後、自分に都合のいい暗示をかけちゃう。

それも、何回でも笑わせることができるから、
何回でも暗示がかけられる。

暗示は繰り返せば繰り返すだけ強化できる。
だから、お笑いさんが暗示させると、どんないい女でも
落ちてしまう。

さて。

ここまでは、お笑いさんの話。

いくら、お笑いさんの暗示手法を知っても、
僕ら素人、それも関西人ならいざしらず、
関東人には、真似なんてできない。

だから。

もっと簡単に使えるお笑い暗示が必要になるんだ。

だから、僕が使っているカウンター活用のお笑い暗示。

これを披露しようと思うんだ。

あ、でも。
お笑い暗示って何って話をしていたら、
やたらと長くなってしまった。

続きは、今晩か明日の朝ね。

よろしくっ。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor

女の子をゲットする聞き方

心理学の本を読んでいたらこんなことが書いてあった。

配送業者で、再配送という作業がある。

一回配送したお宅が留守だった場合、
取りに来てもらうか、再配送するか、お届け先の方に聞く。

配送業者としては、取りに来て欲しいんだけど、
いちよう、届けてハンコをもらってお仕事完了って
規則になっているから、「届けて」と言われたら、
届けないといけない。

で、最初は、再配送の確認の電話でこう聞いていた。

「お届けいたしましょうか?」

これに対して、届け先のほとんどがこう答える。

「お願いします」

うーん、いまいち。
そこで、聞き方を変えてみた。

「お取りにきていただけますか?」

「えっ~、届けてくれないの?」

結局、届けるハメに。

どっちで聞いても、届けることになる。

ところが、心理学を使って聞いてみたら、
なんと7割の人が取りに来てくれるようになったんだそうな。

その聞き方っていうのがこれ。

「お届けしましょうか?それとも、お取りにいらしていただけますか?」

届けるといっておくと、「えっ~、届けてくれないの?」と
言われない。

その上で、質問が「お取りにいらしていただけますか?」になっているから、
ついつい、「いいですよ」と言ってしまう。

そんな心理があるらしい。

これは使えるな、っと思ったんだ。

心理学の本に書いてあることって、
大抵は使えないことがおおい。

そりゃ、間違っているとはいわないけど、
実際に女の子に使うのはどうよ、ってのばかり。

恋愛系のメルマガとか無料レポートとか。
そういうの見ると、心理学の理論を信じて、
そのまま恋愛ノウハウにしている人いるけど、
「実際には使ったことないだろう」って突っ込みを入れたくなっちゃう。

だから、僕は心理学って参考程度にしか思っていない。

でも。
「お届けしましょうか?それとも、お取りにいらしていただけますか?」

これは、使えるなぁと思った。

で、使ってみたんだ。

ネットで知り合って、初めて一緒に食事した女の子。
ま、いちよう

で、僕も女の子にこの方法で聞いてみた。

「明日仕事って言っていたから、そろそろ帰らないとまずいかな?
それとも、もう一軒、カクテルバーにでもいく?」

それまで、帰るようなそぶりをしていた彼女。
ちょっと考えている。

で、僕はもう一言足してみた。

「僕はもう少し一緒にいたいな」

もちろん、もう一軒いくことに。

ま、それ以上狙っていた女の子じゃないから、
そこまでなんだけどさ。

狙っている女の子なら、こんなことを聞いてみよう。

「そろそろ帰らないとまずいかな?
それとも、今日はずっと一緒にいてくれる?」

普通に聞くより、オッケー率上がるはずだよん。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/09/19 | 投稿者: Editor