月別アーカイブ: 2011年8月

ブーメラン口説き術

女の子を落とそうと思ったとき。
直球勝負で、ガンガンと正面から攻める。

「めっちゃ好きやねん」

なんで、大阪弁になってしまうのか。
と言うと。

僕って、これが全然できない人なんだ。
だから、例としてあげようとすると、
なぜか大阪人になってしまう。

大阪人にならないと、直球勝負のセリフが出てこない。

えっと、なんでそんな話しになるのかというと、
直球じゃない攻め方の話しだから。

直接狙った女の子を口説くんじゃなくて、
ぐるりと廻って口説く方法なんだ。

名づけてブーメラン口説き術。

この口説き方は、キャバクラ帝王を自称している人のテク。
まぁ、その人、本当にキャバ好きで、
僕もいろいろテクを聞いて参考にしている人。

ちょっと前に、セクキャバの話しばっかり書いていたら、
怒られてしまった。

「セクキャバは邪道!破門するぞっ」

まいったなぁ。
キャバクラ道はなかなか、うるさいらしい。

おっと、話しがそれた。

で、そのキャバクラ帝王さんの、
人気キャバ嬢の落とし方。

まずは、そのキャバ嬢を指名する。
で、楽しくお話をする。

そんなことをしていると、人気キャバ嬢だと、
指名がかぶってしまうんだ。

「ごめんね、ちょっと行ってくるね」

なんて言い残して、別の席へ。

そして、別の女の子がヘルプとしてあなたの席に来る。

普通の男がそこでする行動は二種類。

1.ぶすっとつまらなそうにする。

2.ま、せっかくお金払っているんだから、楽しむ。

キャバクラ帝王は、どっちもNGを出す。

彼のやり方は第三の方法。

ずっと指名した女の子の話しをヘルプの女の子とする。

ずっとだよ。
だいたい30分くらい、話す。

で、指名の女の子が帰ってくる。
で、ちょっと楽しく話しをしていると、
黒服が来る。

「すみません、そろそろ時間なんですが・・・」
「じゃもう一時間延長して」
「延長してくれるんだ、ありがとう」

なんてことがあって、しばらくすると、また。

「ごめん、また呼ばれちゃった。ちょっと行ってくるね」

うーん、人気キャバ嬢だと、こんなパターンになってしまう。

で、また来た、別のヘルプさんと、指名した女の子の話しをずっとする。

さてさて。

どうして、これがブーメランになるかというと、
翌日の控え室の会話が重要。

「ね、昨日の○○ちゃん指名のお客さん、
ヘルプでついたとき、ずっと○○ちゃんの話しをしているの」

「あ、私もヘルプでついた。そうだよねっ~、ずーっと、
○○ちゃん話し。あ、別に嫌な感じじゃない。
話していると、『あ、このお客さん本当に○○さんのこと好きなんだなぁ』
って思っちゃった」

こんな会話がされちゃうんだ。

このときの指名したキャバ嬢の気持ちは相当いい。

女って自分だけを見てくれる男が好きなんだよね。
ただし、ヘルプがついたとき、ぶすーっとされると、
気になってしまうもの。

だから、自分一途だと分かって、楽しんでくれる人だと、
嬉しいものなんだよね。

それをしておいて、次のときに普通に口説く。

一回ブーメランで口説かれているから、
落ちやすくなっているんだ。

キャバクラ帝王のお勧めの方法。
あなたもやってみませんか?

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

ファーストデートの最初の一瞬で気持ちを掴む方法

僕は最近、女性とふたりで会うとき、
よく使っているフレーズがある。

「今日は一段と素敵だね。僕のために、素敵になってくれてありがとう」

ファーストデートだと、大抵の女の子は、
しっかりとお化粧してくれる。

だから、そのお化粧するってことに、
お礼を言ってみる。

それもさ。

「素敵」ってホメ言葉を入れる。

すると、お礼とホメが一度にできてしまう。

そらにもうひとつ。

「僕のために」って入れてあるから、
ちょっと暗示も入れられる。

本当のことを言うと、デートのときの女の子のお化粧って、
男のため半分、自分のため半分、ってとこなんだよね。

下手をすると、自分のための方が多かったりして。

でも、お化粧の手間とか時間とかそういうものをすべて、
「僕のために」と言ってしまう。

好意的に受け止めるって感じなんだけど、
逆に言えば、彼女が僕のためにしてくれた、と、思っていることを伝えちゃう。

これは、女の子にとって都合がいいこと。

「そんなゴテゴテお化粧なんかしなくてもいいのに。
時間の無駄だと思わない?」

なんて言ったら、きっと嫌われてしまうはず。

お化粧をすること、つまり、装うことは女にとって、
とっても大切なこと。
女でいる証みたいなもの。

お化粧をしなくなったら、確実におばさんへまっしぐら。
って言ってもいいくらい。

だから、お化粧ってとっても大切なものなんだ。

あ、お化粧に限らず洋服とかもそうだけどね。

女の子が洋服やお化粧にお金と時間を使うのは、
女でいることの証だからね。

そこのとこを認めてあげる。

すると、女の子は、すっと相手のことを信頼してくる。

自分のことを認めてくれる相手って信頼が入りやすい。

同時に、「僕のために」と入れることで、
自分の価値も上げてしまう。

僕はそれだけのことをしてもらえる男なんだ。
これを女の子の気持ちに入れてしまう。

これをやると、二度目のデートのとき、
前よりがんばって装ってくるはず。

そのしたら、もちろん。

「今日はまた、一段とキレイだね。
僕のためにこんなにきれいになってくれるなんて、
すっごくうれしい」

なんて、ちょっと大げさに喜んでみよう。

「オーバーねっ」
って言われちゃうけど、目は嬉しそうに笑っているんだ。

デートの時の雰囲気って最初のイメージが後まで響いてくるんだ。
だから、一番最初に女の子を気持ちよくさせて、
特別な日って感じをプロモートできると、アドバンテージが取れる。

「今日は一段と素敵だね。僕のために、素敵になってくれてありがとう」

この言葉で、そんなアドバンテージが取れるんだ。

そして。
次の一言は、これがいいかな。

「それではお嬢さん。行きましょう」

と、彼女の手をとって、腕を組んで歩き出す。

これができたら、彼女はお姫様気分で、デート中すごく楽しんでくれるよ。

もしさ。

このノウハウを読んで、こんなことを思った人いないかな。

「こんなキザなセリフ、言えっこないよ」

確かに、恋愛経験が少ない男だと、ちょっと言えないセリフかも。
でも、最初は真面目な顔じゃなくてもいいんだ。

半分冗談で言ってもいい。
笑いながらね。

でも、それも、できないって人は、
ちょっと、恋愛基礎能力が足りないかも知れないね。

そういう人には、恋愛ブートキャンプがお勧め。

恋愛ブートキャンプには、7日間、毎日新しいことをしないといけない
プログラムになっている。

女の子と接することも当然要求される。

だって、いくら机上で勉強しても、
恋愛は上手くなんてならない。

ひとつ女の子が喜ぶ方法を知ったら、
実際に女の子に使ってみる。

それが大切。

恋愛ブートキャンプでは、全く女の子と出会いがない男のために
プログラムを開発しているから、すべてはマニュアルの中に入れてある。

ちょっとしたことだけ変えてみたら、
確実に女の子の対応が変わってくる。

これを実感してもらうと、その後に何をしたらいいのか。
それが気になってくるんだ。

楽しいことってすぐ憶えちゃうよね。

だから、まず、女の子と接するのを緊張することから、
楽しいことに変換しちゃう。

それが恋愛ブートキャンプのやり方なんだ。

もちろん、それを実践するのは、楽とは言わない。

それまで、恋愛にならない行動ばかりしていた男だと、
どうしても「そんなことをしたら恥ずかしい」とか思ってしまうこともある。

それを乗り越えるためのプログラムでもある。

恋愛ができないマインドが恋愛マインドになるためには、
心に負荷をかける必要がある。

ちょっと恥ずかしい、とか、
ちょっとめんどくさい、とか。

そういう負荷を通して、女の子の気持ちをあなたに向かせる
方法を習得していくプログラムなんだ。

恋愛ブートキャンプは、楽じゃない。
でも、スタートしちゃえば、楽しいプログラムでもある。

本来人には、「変わりたい」って気持ちがどこかにある。

恋愛ブートキャンプに参加する人なら当然、
「変わりたい」って気持ちが大きくあるはず。

その「変わりたい」気持ちがちょっとでも変わったと
思えたとき、今までと違う行動をするのが楽しくなる。

「こんなこと、三日前だったら、できっこなかった」

そう思えたとき、あなたは恋愛基礎能力がつき始めている。

安心して欲しい。

恋愛ブートキャンプのプログラムを考えてくれた若槻さんは
歌舞伎町No.1ホストだったこともある。

女の子の気持ちはスミからスミまで知りつくした男。

それだけじゃないよ。

彼は、No.1ホストになった後、自分の店を持ち、
新人ホストを育てていた男。

「どんな男だって、いいとこはある」

彼はホスト教育をするとき、そう思っていたそうだ。

ホストの世界というと、外車に高級時計、ブランド品・・・等々。
きらびやかな世界をイメージするよね。

でも、それはあくまでも、営業の顔。
実際のホストはそんな単純なものじゃない。

特にホストになったばかりは、女の子が喜ぶ基本的なものばかり、
身に着けていかないといけない。

そのためのトレーニングを彼がやっていた。

ホストになろうと思う男は、元々モテるイケメンじゃないの?

なんて思うんじゃないかな。
そうでもないんだって。

どこから見ても三枚目。
それも暗い男がいる。

そういう男だって、彼のトレーニングを受けると、
一人前のホストになっていく。

女の子が喜ぶ基礎的なことをできるだけで、
普通の男とは全然違う、女の子の望む姿の男に生まれ変わる。

もちろん、あなたはホストになんてなりたいとおもわないだろう。

だから、ホストになるようなトレーニングなんて必要ない。
あなたの存在に女性がお金を払う、そこまでならなくてもいい。

女の子と楽しく一緒にいられる男。
そうなるだけで、恋愛基礎能力がついたことになる。

それから、別の恋愛マニュアルを買って実践してみよう。

すると、それまで、「これはちょっと・・・」と思っていた
方法が、「おっ、これはいけるぞ」って変わってしまうんだ。

そんな、恋愛基礎能力を付けるための7日間プログラム。
恋愛ブートキャンプ、あなたも参加してみませんか?

⇒ 恋愛ブートキャンプ

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

暗示でキスしよう

夜景のキレイなレストラン。

ここで、女の子とキスしちゃう方法を昨日ホストの人から
聞いてみたんだ。

実際、僕やったことがあったから、びっくり。

まずは、タイミング。
そろそろ、食事が終わるというタイミング。
つまり、デザートのとき。

あ、その前に予約のときにこんなことを聞く。

「すいません、夜景がきれいに見えるカップルシートってあります?」

夜景を売り物にしているレストランなら、あるんだよね、
そういうカップルシートって。

そういうカップルシートが一番いい。

で、デザートになったとき。

別々のデザートが運ばれてくる。

デザートは彼女とは、別のデザートにすること。

で、デザートが来たら、言う訳。

「一口食べてみない?」

そう言って、スプーンにすくってあげる。
で、彼女の口の近くに持っていく。

もちろん、彼女は食べちゃう。
で、そのスプーンで今度はあなたが食べる。

「うふふ。間接キス。初めてのキスは、ピーチの味」

なんていいながらね。
キスって言葉を使うと意識しちゃうんだよね。

カップルシートだと、あなたの隣に彼女がいる。
その上、あなたたちの前にはきれいな夜景。
他の人たちはふたりの目に映らないんだ。

「きれいだね」
と彼女を見ながら言う。

「うん、きれいな夜景ね」
「ううん、君がだよ」

こんなキザなセリフが言えちゃう。
ついでに、彼女のほっぺをつんつんしちゃう。

こういう状況で触れられると女の子って、
すごく感じちゃうものなんだ。

全身性感帯っていうのは本当なんだ。

で、彼女がこっちを見たら、あなたのひとさし指の先で
自分の唇を軽く触る。
とんとんって感じでね。

すると、彼女の視線はあなたの指に来る。

で、今度は、その指で彼女の唇をとんとんする。
にっこりと笑いながらね。

で、今度はじぃ~っと、彼女の瞳を覗き込む。

ここまできて、彼女が顔をそむけないってことは、
キスができるってこと。
彼女の肩に手を回して、ちょっとこっちに身体を寄せてみると、
自然と唇が触れ合う。

ちゅっ、って感じでフレンチキス。

ここから、ちょっと分かれるんだけど、
うっとりとしている感じなら、そこからちゅっちゅっ、って繰り返して、
そのうち本格的なキスへ。

もし、びっくりしている感じなら、
「うふふ。かわいい唇だけから、ついキスしちゃった」
なんて言っちゃう。

ここまで、できたら仮にそれ以上できなくても、
お店を出た瞬間に本格キスができちゃう。

すでに一回でもフレンチキスができているなら、
強引に迫っても大丈夫。

女の子ってキスが好きなんだよね。
雰囲気のいいお店を出た瞬間なら、ムードが残っているから、
確実に帰すできちゃうんだ。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

ちょっとだけ女の子心理

女の子と仲良くなりたいと思ったら、
女の子が持っている、微妙な心理を理解するといいよね。

でも、女の子の心理って、なかなか難しい。
すべてを理解しようと思ったら、一生かかってしまいそう。

だから、全部じゃなくて、ちょっとだけ僕の知っている
女の子心理教えるね。

それが、「ちょっとだけ」心理。

女の子って、なぜか「ちょっとだけ」が、好き。

ま、一緒にランチに行けば、男と女の子との違いは明確。

男は、丼モノが好きだよね。
女の子は、サラダと小鉢とスープと・・・。

なんて感じで、ちょっとだけ盛ったものを一杯食べたがる。

バイキングをすきなのも女の子。

食べる量なら男の方が多い。
でも、女の子は、いろんな料理をほんとうにちょっとだけづつ
食べられるバイキングが好きなんだ。

料理に限らず、例えばダイエットの仕方とは違う。

男って、ダイエットをしようと思うと、いろいろとダイエット方法を
比べてみて、自分に合いそうな方法を勉強してから始める。

これが女の子だと違う。

「納豆を毎日食べると痩せる」

こんなことを知ると、「ちょっとだけ」やってみようとする。

抜本的にダイエットを考えるより、
ちょっとだけやってみる、が好き。

なんでも、ちょっとだけが好き。

男は、とことんやりたがるのに比べて、
女の子は、表面的なことをちょっとだけやるってのが好き。

いろんなことを、ちょっとだけ。

さて、そういう性格が女の子にあると分かったら、
男は、それを利用すればいい。

「ね、デートしようよ」
って、誘う場合。

「ね。ちょっとだけ、デートしようよ」

って言ってみる。

デートできる間柄になっていないと、女の子はこう言うよね。

「ええっ~?」

それでいいんだ。

「ダメ?楽しいと思うよ。ちょっとだけ
一緒におしゃれなカフェ知っているから行かない?」

「どうしようかな?」

「ちょっとだけだから。
お試しデートみたいな感じでさ。
ちょっとだけ」

こんな具合に、ちょっとだけ、って連続して言われると、
だんだんその気になってくるんだよね。

ちょっとだけ、ってキーワードに反応しちゃっている。
デートはしたいと思っているワケじゃないけど、
ちょっとだけ・・・かぁ・・・。

そんな感じみたい。

これは、デートの誘いじゃなくても使ってみてる。

「髪の毛、しっとりしていて、キレイだね。
ちょっとだけ触ってみていい?」

「ええっ?触るの??」

「ちょっとだけだよ、ちょっとだけ。
ちょっと触ってみたいんだ。きっと、いい感じだろうなって思うから。
ちよっとだけ、お願い」

最初は、抵抗したりするけど、ちょっとだけって言っていると、
なんだか、嫌じゃない感がただよってくる。

で、ちょっと強引に触っちゃう。

「ちょっとだけ、いいよね」
って、言いながらさわさわ。

こんな感じでスキンシップしちゃう。

同じ感じで、キスできそうかなというシーンなら言うんだ。

「ね。ちょっとだけキスしちゃっていい?」

「ええっ?キス??」

「ダメ?ちょっとだけ。キスって言っても、ちょっと触れるだけ」

「ダメだよ」

「ダメ?ちょっとだけだからさ。ね。ちょっとだけ」

言いながら、顔を近づけちゃう。
ま、顔をそらしたりするけど、
ほっぺにちゅ、くらいできちゃう。

こんな感じで、したいな思うことを、
「ちょっとだけ」連発して、
後は強引に迫ってしまうと、意外に拒否しきれなかったりする。

ま、好感を得てないと無理だけどね。

「いい感じ」って思ったら、
「ちょっとだけ」を言いながら、なんかしてみましょ。

面白いくらいに、反応してくるからね。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

当時に3つの目的を持つ

「セックスしたいんです」

女の子と仲良くなりたい理由。
ぶっちゃけて言えば、これじゃないかな。

「いや、そんなことは考えてないよ」

なんて言っても、バレバレ。
それを思っていないとは言わせないぞぉ。

でもね。
いいんだよね、それで。

男と女が仲良くなったらセックスをしたいと思う。
自然な感情だよね。

ただ、問題なのが。

「セックスしたいんです」
しかないこと。

そんな気持ちじゃ、まず女の子は落ちない。
なぜかというと、セックスしたい思ったら、
それだけで、男の価値は下がってしまう。

どんなに仕事がバリバリできて、会社の人に信頼されている男でも、
セックスしたいと思った女の前じゃ、価値が下落しちゃう。

それは、ほとんどの男がセックスしたいと思っているから、
女とのセックスは価値があるものになる。

だから、価値を持っている女と、それを欲している男。
この関係になってしまう。

これでは、女は男に魅力を感じない。

まず、セックスしたいのはそのままでいいから、
その前段階も望むようにしよう。

「彼女と楽しくデートをしてみたいな」

これだね。
デートをしたい。

これは、男にとっては本当はめんどくさいもの。

いろいろプランを考えて、予約を入れて、気を使って、
楽しい会話をいろいろして・・・

だから、デートをするってことは、女性にとって価値があるもの。

その価値を提供できる男と、それを欲しい女。

どうかな。
関係が逆転しているのが分かるよね。

ただし、デートと言っても、楽しいデート限定だからね。
ただ、デートしよう、しか言わない男は、
この人がどうしたら喜ぶかを考えていない男。

そういう男のデートには女の子は価値を認めたりしない。

でも、デートも結局はホテルに続く道だと思っているかも。

だから、もうひとつ、価値をつけること。

彼女と一緒に何かやってみたい。
そう思えるものを見つけよう。

例えば、彼女がはまっているモノを知る。

ドラマでもいいし、趣味でもいい。

もちろん、男ができないような類のものじゃしょうがないけど、
男がやってもおかしくないものなら、チャレンジしてみる。

ドラマなら毎週見てみる。
趣味なら、入門書を買ってみる。

すると、いろいろと聞いてみたくなるでしょ。

もうひとつ、同じことに興味があるという価値が生まれる。

彼女が好きなことの話をするのは、
単純に楽しいことなんだ。

それを、同じことに興味をもっていて、
これからいろいろ知りたいと思っている人、相手ならね。

これで、また、新しい価値が生まれる。

話したいことを聞いてくれる人っていう価値がね。

もし、あなたが狙っている女の子がいるなら、
どうしたら彼女にとって価値がある男になるか。

それを考えて行動してみましょうね。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

暗示でセックス

セックスで、フィジカル、つまり、身体の刺激と共に、
メンタル、つまり、心の刺激が快感につながる。

男って、どっちも単純で、すぐに快感につながってしまう。

だけど、女の子は複雑。

フィジカルとメンタル両方をうまくテンション上げていかないと、
快感までたどりつけない。

男ってせっかちだから、ついつい、女の子を置いていきぼりにしちゃう。

それじゃダメだよね。

そこで、今回は、暗示による快感誘導を伝授しましょう。

原理は簡単。

言葉でこれから起ることを予告するだけ。

例えば、まだ、愛撫を始めたばっかりだと、
女の子の局部はまだまだ濡れていないよね。

そんなとき言うんだ。

「ちょっと、濡れてきたよ。
もうちょっと、強く愛撫すると、もっと濡れるかな」

濡れていなくても、濡れるって言葉を聞くと、彼女は暗示で心を快感に向けて
動かしてしまう。

ただ。
一回だけでは弱いから、何度も濡れる、ってことば使う。

「ほら、乳首をつまむと、じゃんって濡れてくるよ」

とか。

「あ、とろとろに濡れてきた」

とか。

濡れるって言葉を連発すると、本当に濡れてくるから。

そして、濡れているって言葉が彼女のテンションをどんどんと
引き上げてしまう。

そのうち、
「身体が感じているね。ほら、ここを触るとぴくっと」
とか。

感じるって言葉を連発する。

その上で、最後は。

「ここは気持ちいい?快感って感じになる?」

快感って言葉を使い始める。

すると、本当に快感を得始めてしまう。

これからおきることを、予告のように言葉にすると、
その言葉に引っ張られるように彼女の心と身体は変化してくるんだ。

じっくりと、じっくりと。
何度も何度も。

繰り返していくと、確実に変化はおきる。

こんな暗示を使うと彼女はいままで感じたことがない
快感を得ることになるんだ。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

暗示でスキンシップをしよう

ホストの人がいうんだよね。

「女をホテルに連れていくかどうかは、
触るかどうかで決めている」

要するに、ただの女友達にする子は触らないし、
ホテルに連れていこうとする女は触りまくる。

なるほど、って思ってしまった。

まぁ、僕もスキンシップの重要性はときどき書いている。
でも、僕的には、友達とセックスをする人との境目がそこにあったとは
思っていなかったんだ。

でも、そうだよね。
ホテルに連れていこうと思ったら、スキンシップがないとダメ。
これは当たり。

でもさ。
スキンシップって失敗する人が多い。
ただのすけべおやじに成り下がってしまう。

そこで、そうならないように、
暗示を使ったスキンシップを紹介しよう。

この暗示の仕方の基本は、パブロフの犬。

パブロフの犬の話しは知っているかな。
犬にえさをあげるとき、まず、ベルを鳴らしてから、あげる。
これを繰り返していると、ベルを鳴らすだけで、
犬は唾液を出してしまう。

どうして、これが暗示なのかというと、
潜在意識に刷り込みをしているからなんだ。

ベル → 食事

これを繰り返すと、頭で考えなくても、
潜在意識で、もうすぐ食事だ、と分かる。

同じことが酔っ払った夜、気がついたら、家で寝ていた。
なんてことがあるでしょ。

これも同じ。
毎日同じ道を帰っていると、何も考えなくても、
家についてしまう。

人間の多くの行動は、考えることなしに潜在意識が処理してくれる。

このことを知っていれば、潜在意識に落とし込むことができれば、
相手の行動を変えさせることができるってこと。

そこで、スキンシップ。

普通に触ると、すけべおやじとして拒否される。

そんな場合、まず、気持ちいいを彼女に与える。

例えば、褒めてしまうこと。

「○○さんの肌って、しっとりしている感じがするね」

こんな感じで、ホメると、ちょっと嬉しいって表情をするはず。

「触ってみたいな、でもダメだよね」

と、触るって話しをする。
すると、「いやぁ」とか言う。

本当は触ってしまうのがいいけど、最初は、触らない。

で、次はもうひとつホメる。

「ファッションのセンスもいいしね。
ほら、服の材質と、肌の感じがよくまっちしているよね」

といいつつ、今度は服を触ってみる。

「あ、触っちゃった、服だけどさ」

なんていいながら、また別のことをほめる。

「あ、ちょっと恥ずかしい表情、かわいいね」

こんな感じ。

「ちょっとつついてみようかな」

こんなことを言って、どこでもいいから肌が露出しているとこをつつく。

あ、バストとかじゃなくて、手とか触られても嫌じゃないとこにする。

さて、この行動のどこが暗示なのか。

ホメル → 触る

これを繰り返しているとこなんだ。

褒められると、触られる。

これを繰り返しているから、
潜在意識が、褒められたときは、次は触られる、と、思ってしまう。

だから、抵抗がだんだんとなくなってくる。

もちろん、これを喫茶店でやるのはちょっと難しい。
お酒が入っているときがいいね。

それだけ暗示がかかりやすくなっているしね。

女性にとって、褒められるのも、触られるのも、
基本的には心地よいと感じるもの。

ただし、顕在意識というモラルがそれを阻んでいる。

好きでもない人に触られるのは、いけない。
そう判断しているんだ。

でも、潜在意識に、褒められたら触られるというものを
押し込むを、顕在意識も変わってしまう。

「この人は触ってもいい人」ってね。

そして、「もしかしたら、この人のこと好きかも」
なんて思い出すんだ。

気持ちの変化によって、行動が変わることもあるけど、
逆に行動を変えると気持ちが変わる。

そんなことだってある。

暗示を使ったスキンシップを繰り返していくと、
どんどんと大胆なスキンシップができるようになる。

最後は後ろから抱きかかえたり、首筋にキスをしたり。

ここまで行けば、ほとんど愛撫みたいなもの。
そのままタクシーに乗せて、ホテルにおもちかえり。

なんてことができちゃうんだ。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

特定の彼女+多数の女性と関係を持つ男になりたいあなたへ

「これからずっと一緒にいたい」
そう思える彼女がいて、
その上、浮気のドキドキ感を捨てられない。
すみません、今の僕はそんな生き方しています。
セフレは、ほんのたまにホテルで待ち合わせする人妻も入れれば、
7人いて、
でも、そのセフレの女性達は、お互い遊びだって分かっているから、
もめません。

彼女はっていうと・・・
「あなたの浮気は、一生直らない病気ね」とあきらめられてしまった。
ま、彼女とセフレは全く別物と考える僕としては、
都合がいいと言えばいいんだけどね。

今は、セックスしたいときに、
セックスができる状況にある僕だけど、
半年前は、素人童貞でした。
セックスといえば、風俗でお金を出してするものって感じだけ。
恋愛すらも、まともにできません。

それが変わったのが、「女の子の裏心理」ってものを知ってから。

それまで思っていた、「やさしい人」がモテるとか、
かっこ良くないとモテないとか、
そういう女の子が普通言うことを信じていたんです。
でも、そうなろうとしても、限界があって、
僕には恋愛は無理だと半分あきらめていました。

ところが、女の子には、裏心理があるんですね。
乱暴でまともに仕事をしていない男に、
ちゃんとかわいい彼女がいる。
話を聞くと暴力も振るう・・・でも、好きなの。

なんで、そんなとこがおきるのか、ずっと不思議でした。
実はそこには、裏心理が影響していたなんて。

女の子が3人集まって、男の話をすると、
どんな話をしているか知ってるますか?
すごいんだそうです。
あけすけに、男を値踏みして
どんなことをしてくれる男がいいのか、
ちゃんと一致するんだそうです。

そんな女の子同士の本音トークを50人分集めて分析した結果、
本当に男を感じるポイントは、いつくかに絞られてくるんです。
そのポイントさえ抑えていれば、実は、誰でもモテ男になってしまう。

名づけてオートマティック・カールフレンド・メーカー。
特定の彼女 + 多数の女性と関係を持つ男になりたいなら。
あなたも試してみませんか?

⇒ オートマチック・ガールフレンド・メーカー

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

口説くための携帯メールの方法

おおっ!
本気で携帯メールで女の子の気持ちも身体もゲットできるノウハウ発見!

こいつはすごいぞ!!

例えば、こんなノウハウ。

 女の子は普段、雑誌を読みながらとか、
 何かをしている片手間に携帯メールをする。
 どんなに気持ちを込めてメールしても、
 片手間にしか返信していない。
 これじゃあ、いくにメールを送っても、
 彼女の気持ちは変化するはずがない。

 それでは、問題です。
 「この場面であなたに足りないものはいったい何でしょうか?」

 まずは、あなたが狙っている女の子に雑誌を読むのをやめさせること。
 そして、あなたからのメールを「来ないかな・・来ないかな・・」と
 思わせること。
 それができれば、もう、彼女はあなたの虜になっていくんだ。

 このためには、あなたが知らなければいけないのが、
 携帯メールを送る順序。

どう、かな?
すごいと思わない??この考え方。

えっ?それほどでも・・・。と思った人いるのかな。
もし、そうなら、このノウハウを意味が理解できていないのに違いない。

このノウハウこそが、女の子が恋をする原則なんだ。
あっていないときに、あなたのことを強く思う。
そのとき彼女はあなたに恋をする。
このメールの向こう側を感じたことがないと、
これのすごさが分からないかも。

で。メールの順序を変えるとどんなことができてしまうのか。
それも、詳細に教えてくれる。

・期待と裏切り、真逆のメール術とは?

・時間差を使い女の呼吸を乱すほどに感動させる褒める方法とは?

・たった1通のメールで友達から気になる人へ変える奇跡のメールとは?

・わずか、3%の男しか使っていない毒針メール術とは?

・『もう我慢できない。今すぐ会いたい』と言わせるための
 暗示的なシカケとは?

・人を笑わせたことが一度もない男でもできる女を
 大笑いさせる爆笑メールの方程式とは?

・毎日メールを送信する好かれるストーカーになるための○○法とは?

・女のウソ・社交辞令を暴く、読心術メールとは?

・あなたとメールをして『楽しい』狙った女にそう思わせるための
 ハチミツメールとは?

・迷っている女に○○をして一瞬にしてデートの約束をするための
 駆け引きとは?

・女性がメールを返さずにはいられない卑怯なテクニックとは?

・関係偽造法・・・狙っている女との関係を無理矢理密接にしてしまう
 方法とは?

・ライバルをアッサリと出し抜くための意外な送信内容とは?

・悩んでいる女心を確実にあなたの物にするためのメールの方法とは?

・狙った女は確実に口説き落とす。
 じゃああなたはコレをしなければいけません。

・会う約束を断わらせないNOとは絶対に言わせないメール会話術

PDF162ページにもなるすごいノウハウだから、
いますぐゲットしてね。

超がつくほどのメール下手男が、たった15時間で狙った女に
『あなたに会いたい』と言わせ、女の心を夢中にさせた・・・。
このわずか3%の男しか使っていない女を口説くための携帯メールの方法

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor

暗示でエッチな気分にさせる

さて、暗示の話しも、そろそろおしまいかな。

今日は、一番やってみたいと思っているであろう。
そう、女の子をエッチな気分にさせる暗示の仕方を教えるね。

別にエッチな気分にさせると言っても、
特別なことを言うワケじゃない。

エッチに連想させる言葉を言えばいい。

「快感って、感じ」

「思わず声がでちゃう」

「身体がかぁ~と熱くなるんだ」

「どうにでもして、って感じ」

「ねっとりとしている」

「滴り落ちる」

「びくって震えちゃった」

例えば、こんな言葉。
もちろん、エッチなシーンとして言うんじゃない。

「そこのスイーツ、めちゃおしい。
舌に乗せた瞬間、快感って感じんだ」

こんな具合に別の話しの中に入れてみる。

「僕、ジャズのサックスの音が好きみたいなんだ。
テレビでサックスの演奏をやっていたんだけど、
思わず聴き入っちゃった・・・
聴いているだけで、すごく気持ちよくなっちゃって、
思わず声がでちゃう。身体もかぉ~って熱くなっちゃうし」

「いきなり、後ろからつんって指で押されて、
びくって震えちゃった・・・全然気づいてなかったらね」

元の話しはなんでもいい。

こんな身体の変化とか、体液とかをイメージさせる言葉を言うと、
女性ってエッチなものが暗示で入っていく。

「あ、ちょっと、エロかったぁ~?」

なんてとぼけて言うと、もっと効果的。
別にエッチな話しをしているんじゃないんだけど、
エッチなイメージもできることをお互いに知った上で、
わざと、エロっぽく話す。

こういうエロい話しって女性が好きなんだよね。

もちろん、話している男のことをキモイと思っていると、
暗示もブロックされてしまうんだけど、
別に恋愛感情がなくても、なんとも思っていないレベルなら、
エロい暗示は入ってしまうんだ。

「あ、話していたら、なんか気分もエッチになってきちゃった」

なんて、白状ちしゃうと、

「やぁ~、だ」

なんて具合に返してくるけど、その後続けても文句は言われない。

あなたがエッチな気分になっていることを白状しておくと、
彼女もエッチな気分になるのが抵抗しなくなる。

ひとりだけエッチな気分になるより、
ふたりともエッチな気分になっているってことが安心なんだ。

そうそう。

このエッチな気分にさせる暗示は、お酒が入っているときが効果的。
お酒って、エッチな気分になりやすくする効果がある。

あと。
エッチな話しをしたら、スキンシップもするとさらに効果的。

いきなり触ると嫌がられるかもしれないから、
これもエッチな暗示を使ってしまおう。

「ほんとうに、そのデザート、しっとりって感じがするんだ。
そう、まるで○○さんの肌みたいに決め細かくて、しっとり。
ちょっと触っちゃっていいかな・・」

暗示でエッチな気分になっていると、ちょっとくらいスキンシップで触っても
嫌がられないんだ。

あ、ただ、スキンシップは、お触りじゃない。
あんまり触りたいとこ、さわるんじゃないよ。
バストやヒップはやめておいて、腕とかがいい。

女性はすべて性感帯って言われるくらい、
どこを触っても、多少は感じるから、
スキンシップはそのあたりを触ろう。

エッチなイメージで聴覚で暗示をかけて、スキンシップでも、
触覚の暗示がかかってしまう。

そんなことをすると、女性は身体がほてってくる。
じょじょにね。

あせらず、何度もそんな話しとスキンシップを繰り返しているうち、
心のどこかで、「エッチしてもいいかも」って感じてしまうんだ。

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor