月別アーカイブ: 2013年9月

3つの質問だけで可愛い女をセックスモードに強制誘導

あなたは、いきなり戦いの場に参加して、与えられた武器だけで戦うということができるだろうか?
それも、与えられた武器というのが・・・
└武器→ ココ!

これは、合コンという戦場に初参加した3人の物語である。

青木氏 「いきなり合コンって、不安です。
     サトシさんは、来てくれないんですよね?」

サトシ 「はい。今回は参加しません。
     でも、伝えた「3つの質問」さえして頂ければ大丈夫です。
     きっと上手くいきますよ。」

青木氏 「自分、今まで、女性との会話でサトシさんみたいに、盛り上げて
     話をしたこととかないんですけど、、、
     この「3つの質問」に失敗した時のために、話の盛り上げ方だけ
     教えといて頂けませんか?」

石田氏 「僕も、その辺は聞いておきたいです。」

サトシ 「申し訳ないけど、今回は、あえて他のテクニックは伝えません。
     不安かもしれないけど、この方法だけで勝負して下さい。
     でも、「3つの質問」をしたら勝手に盛り上がるから大丈夫ですよ。」

□たった3つの質問で、質問された女の子が「もう、私はこの人に何をされてもいい」
 と思われる原始から継承しつづける女が女たる所以で男を信じてしまう遺伝子に隠された
 暗号をたくみに紐解くボス猿の行動からも見出せるエロい欲求の拾い上げる方法とは。

□大学で正規授業の一環として教える出水聡が「唯一の効果的恋愛テクニックの真髄」と
 語る真意は、女子大生を34分で真面目な話を人前でボディタッチ可能な欲望むき出し
 淫乱ムードで誘導する3つの質問の驚異のパワーとは。

□ 銀座の有名クラブでNo.1を11ヶ月続けている一流のモテ男だけを相手にしてきた女が
 「手に負えるレベルじゃない」と言い、一晩で身体を開いた上に休みの日に相手をして
 もらおううとしつこいくらいに電話をさせる、ありえないほどただの女に変貌した理由とは。

└すぐ知りたい→ ココ!

合コンが初めて、というより、若い女性とプライベートで酒を飲むこと自体初めてだと語っていた中沢氏は、とにかく臆病な部分があった。

正直、臆病な男というのは、3クエスチョンを理解したところで実際に使うときにビビる結果に陥ってしまい、効果的に行動できないという問題がある。

合コン前に「会話の質問」を受けたとき、私は「ちょっと無理かな」と正直思った。

しかし、中沢氏は、私が思ったよりずっと臆病だった。

「わかりました。サトシさんの言われるように3クエスチョンだけでいってみたいと思います。ただし、3クエスチョンが失敗しないように練習をしたいのですが・・・サトシさんが実際、どうやって3クエスチョンを使っているか見てみたいんです」

そう言って彼が言い出したことで、誰にも見せないつもりのDVDを一枚彼に手渡した。

「このDVDを、合コンの時まで貸すから必ず返して欲しい。コピーも厳禁だ」

そのDVDは、あるちょっとTV出演経験があるアイドルを3クエスチョンで彼女の脳内麻薬を出しまくり状態に持ち込んだときの映像だ。
└どんな映像?→ ココ!

もともと、テレビのカメラテストという触れ込みでスタジオに呼んだから、セットされたスタジオで3クエスチョンを実際に試すことができたのだ。

もっとも、このDVDは本来人に見せることはしてはいけない映像なのだ。

今、私は大学での講演、水商売の女性指導、アイドルの手配等々、いろいろな仕事をやっているが、その時々に3クエスチョンを使っているのが成功の秘密なのだ。

ビジネスというのは、女が動かしている。

「サトシさんがやれというのなら、私は何も聞かずに言われたようにします」

彼女達は、私に対して無償の信頼をおいてくれている。

「男は仕事が一番で、恋愛は二番だ」

そう学生の頃から考えている私にとって、ヒモ的生活は考えられない。
中には月収200万円を超える水商売の女や年商3億円を超える会社を運営する女社長も、3クエスチョンで思い通りになっている。

ひとり100万円くらいの小遣いをせしめるくらい簡単なことだ。

しかし、私はその生活を望まない。
それよりも、自分の力でビジネスを成功させる。

そのための協力者として彼女たちの応援を得ている。

不思議なものだ。
それまで私のビジネスは、社員の給料を払うとトントンくらいになってしまい、自分の給料を出すのがすごく苦労していた。

しかし、一流の女が私のために何でもすると言われるようになってから、私のビジネスはあっと言う間に急成長をした。

男というのは、自信があることで全く違う結果に持ち込むことができるのだ。

その自信の源が3クエスチョンなのだ。
└3クエスチョンとは→ ココ!

話は、合コン初参加の中沢氏の話に戻そう。

彼は技術系サラリーマン。
会社に女性が少なく、恋愛経験もほとんどない30歳になったばかりの男。

見た目は悪くはないが、残念ながらパッとしない風貌。
ファッションも興味がなさそうで、パッとしないし、話をしても面白い感じではない。

合コンに参加したところで、うもれてしまうタイプだ。

その中沢氏に、3クエスチョンを実際にやっているDVDを手渡した。
└3クエスチョンとは→ ココ!

何が起きたか、まず、その後の中沢氏の行動を説明しよう。

彼は、なんとそのDVDを何十回と繰り返し見たのだ。

最初はただ驚きの目だけで見ていた。

ごく普通の女の子・・・という売り方をしているアイドル。

実際に、彼女がクラスにいたら、男子の目をひきつけてやまない。
そんな女の子がDVDに登場して、インタビューを受ける。

ごく普通のアイドルDVDにすぎない。
ただし、インタビューをしているのは、私だ。

その女の子が、ひとつ目の質問で、ちょっと恥ずかしそうに、彼女の過去を話し出す。

あくまでファンと同じ視線でインタビューをしている私。

途中はカットして、その10分後、彼女の目はとろ~~ん、としている。

実は、仕事の関係で某大学の脳神経学を研究している大学教授にこのDVDのこのあたりの映像を見てもらったことがある。

「うーん、いわゆる猫にマタタビ状態ですね。
ある種の麻薬を使うと似た感じになる。
脳内麻薬の分泌がありえないほど強化されてしまっているようです」

麻薬は、一度はまると抜け出せないのは、誰もが知っていることだ。
それと同じレベルの脳内麻薬を分泌させた結果が映像に映し出されているのだ。
└やばい状態の映像→ ココ!

その映像を中沢氏は見た。
驚愕の目を持って、その映像を見た。

「最初は、何が起きているのか理解不能だった」

しかし、やらせには見えず、トリックがあるようにも見えない。
そもそも、そんなことをする理由がない。

「ここは、この映像が本物だと信じることだ」

信じることにした。
そして、この映像と同じことができるとも信じた。

しかし、僕は本当に臆病者なのだ。
とにかく、何か新しいことをする度に失敗しないように練習することができないと不安だった。

今回も、初めてのこと、それも、女性相手の初めてのこと・・・

とにかく練習するというのは、DVDの真似をするしかない。

写経というお坊さんの修行がある。

偉いお坊さんの書いた般若心経という書物をただ写す。
それも、字も真似をする。

書いているときの姿勢から息遣いまで。

とにかく「般若心経を移す」という行動を通して、偉いお坊さんと同一の心境になるためにただ、写すことほ何度も何度もする。

それと同じで、サトシ先生を写してました。

要は演劇の練習だと思えばいい。
映像と同じことを合コンですればいい。
└写したのはこれ→ ココ!

もちろん、私に会話力があるはずがないから、サトシ先生と同じことができるとは思えない。

しかし、映像を見ながら声と身体の動きを真似して写すことができれば、すこしは気持ちも近づくことができる。

僕はそれを本気で信じた。
それ以外信じるものがなかった。

合コンまでの一週間。
とにかく、映像の真似をすることだけに費やした。

特に3つの質問の箇所は、それぞれ何百回、いやいや千回を越していたかもしれない。
それくらい繰り返し見てみた。

たぶん、サトシ先生と寸分違わない口調と手振りができる自信がついた。

その自信だけで合コンに参加することにした。

「サトシさん。今月の戦果はどのくらいですか?」

「いやぁ、駄目だよ。最近は、女と会っているより、3クエスチョンの弟子に会っている時間が長くてさ」

「駄目じゃないすか。ビジネスばかりやっていては。ビジネスと女はバランスだと教えてくれたのはサトシさんじゃないすか」

ちなみに、この会話の相手が、中沢氏なのだ。
└中沢氏をチェック→ ココ!

そう合コンが初めてで、臆病になっていた中沢氏。

彼は、今、私に注文すらつけてくる。

この日、一ヶ月の女を落とした数をくらぺてみた。

すると、新規の女で私、サトシが4人に対して、中沢氏6人・・・

ちなみに、落とそうと思った女の数と実際落とした数。

落としたかどうかは、セックスをしたかどうかで判断している。

その狙った女と落とした女の率が私と中沢氏は同じ。

共に100%。
└信じられないなら→ ココ!

実は、その話はあまりしなくなっている。
当たり前として話しているから。

だから、私が数で負けたというのは、狙って数が少ないから。
そもそも、中沢氏と比べるのには無理がある。

新規の女で比べているからだ。
私の場合、新規でない女が多すぎるのだ。

実際、この一ヶ月、女無しで寝たのは、3日だけ。
後は、新規以外の女が押しかけてくる状態。
その状態では、新規は4人がせいぜい。

「あ、そうそう。今度のセミナー、友達を3人連れていきまのすよ」

彼は、頼んでいるワケではないのだが、いつもセミナーに友達を連れてきてくれる。

それも安いセミナーではなく、高額セミナーの方へ。

「なに、簡単ですよ。『なんでそんな変わったんだ?』って質問してくる友達を『知りたいなら一緒についてきな』って言っているだけですよ」

実にありがたい弟子だ。
もっとも、さすがに毎回彼から金を取るのはしのびないから、半額に値引いているのだが。

中沢氏には、ひとりあこがれの女がいるらしい。
大学のときに一緒だった女で、準ミスキャンバスになったこともある女。
└ミスキャンパスの写真→ ココ!

「来月、いよいよ、彼女に3クエスチョンを試しますよ」

彼女を落とすことができたら、今の女を相手にむちゃくちゃやっている生活をすぱっとやめると宣言している。

それまで女の修行を積むために、3クエスチョンで女とやりまくる。

それで女に対する自信をつけたいと言っている。
実に正しい選択だ。

女に対する自信は、女に「あなたの言うことならなんでもする」と言わせることだ。

ビジネスにも波及する自信ではあるのだが、まずは女に対する自信を持つこと。

そのためには、3クエスチョンを使うことが一番早い。

会話術なんて覚えるのはやめておけ。
時間の無駄だ。

女と楽しい時間を過ごすなんて不要だ。

そんな時間は、セックスしているときだけで十分。
男の本音はそんなところだろう。
└セックスするには→ ココ!

女に気を使って会話を盛り上げる。
そんなことを考えるから、女になめられる。

女の逃れられない本質をつく3クエスチョンを使えば、女の目はとろーんとして、逃れられなくなる。

しかし、あやまっておく。

中沢氏が見た、アイドルに対する3クエスチョンはあなたに見せることはできない。

中沢氏と同じことは、あなたはできないということだ。

元々、本人了承が得られていない映像だから、それをあなたに見せることはできない。

その代わり。
別の女を用意した。

なに簡単にことだ。

「サトシさんのいうことなら何でもする」
「わかった!なんでもだな」
「なんでも」
「ならば、今撮っているDVD、売り払うぞ」
「うん。それがなにかサトシさんの役に立つなら、
売っても、配っていいわ」

こんな会話を脳内麻薬が出まくっている状態のときに、カメラの前で約束させたのだ。
後から文句がでないようにな。
└その映像はこれ→ ココ!

中沢氏の結果を知ってから、映像が持つパワーを知ることになった。

この3クエスチョンの実際の画像を見ると、文章だけでは信じられない人でも、あっさりと信じることになる。

いいか。
とにかく、まずは・・・マニュアルより先に映像を見てくれ。

理屈は後で、現場を見ること。
それが一番な方法だと、中沢氏を通して知った。

最初に書いた3つの伝えたいことをここでもう一度繰り返すことにしよう。

□たった3つの質問で、質問された女の子が「もう、私はこの人に何をされてもいい」
 と思われる原始から継承しつづける女が女たる所以で男を信じてしまう遺伝子に隠された
 暗号をたくみに紐解くボス猿の行動からも見出せるエロい欲求の拾い上げる方法とは。

□大学で正規授業の一環として教える出水聡が「唯一の効果的恋愛テクニックの真髄」と
 語る真意は、女子大生を34分で真面目な話を人前でボディタッチ可能な欲望むき出し
 淫乱ムードで誘導する3つの質問の驚異のパワーとは。

□ 銀座の有名クラブでNo.1を11ヶ月続けている一流のモテ男だけを相手にしてきた女が
 「手に負えるレベルじゃない」と言い、一晩で身体を開いた上に休みの日に相手をして
 もらおううとしつこいくらいに電話をさせる、ありえないほどただの女に変貌した理由とは。

もし、あなたが「なんでもあなたの言うとおりにする」という女を最低17人は欲しいと望むなら、今だけ公開している、3クエスチョン映像を見てくれ。

ただし、いつまでも公開しつづけるのは難しいと思われる。

それほど、ヤバイ映像だ。
ごく、普通の女の子が、「セックスしたいだけの」メスに変わる瞬間だ。

いますぐ、クリックして、効果抜群の映像を入手して欲しい。
└3クエスチョン実践映像→ ココ!

追伸:

この映像と3クエスチョンのマニュアルは、あくまでも女と対等に付き合うことを目的とした恋愛教材です。

もし、女をただ「ひれふさせたい」と思っている男では、うまく使えない可能性があります。

結果しとして、「あなたの言うことはなんでもする」という女をたくさんつくることになってしまいますが、それ自体が目的ではうまくいきません。

私の場合は、ビジネスの成功が目的でした。

そこそこモテていた私にとって、女がすべてになることはなかったのです。

しかし、3クエスチョンを使い始めて、人がうごく原始的な欲求を感じることができるようになりました。
最初は、その欲求を探索する楽しさで、3クエスチョンの改良をしまくっていました。

今は、自分に対する自信を源です。
やはり、男というのは、女に「あなたの言うことはなんでもする」と言わせるのが一番自信を持てるものです。

太古の昔から、女のために危険を顧みず、狩にいく。
それが男の自信の源であったように。

女から与えられた自信で、同時に協力も得て、ビジネスが順調に回り始めました。

残念ながら、女をただ自分の思うようにしたいという願望だけでは、3クエスチョンはうまくいきません。

私のようにビジネスで成功するためでもいいし、中沢氏のように、本当に生涯を共にする相手のためでもいい。

一時的に、女から与えられる自信を本当に必要としている男には、間違いなくこの3クエスチョンはうまく働きます。

ただ、残念ながら、ただ、セックスをしたいだけの男にとっても、3クエスチョンは、ちゃんと働きます。
マニュアルで理解し、映像の真似ができるようになれば。

当然のように女の目はとろーーーんとしてきます。

それがゆくゆくマイナスになることも多いのです。

まずは、女におぼれるだけの人は手を出さないことをお勧めします。

3クエスチョン・実践映像とそのマニュアル
└→ ココ!

カテゴリー: テクニック | 投稿日: 2017/07/27 | 投稿者: Editor